> カテゴリ
はじめまして

自分の事
子供達
Mさん
思ふこと
日常
2人の事
航海
なんだか人生って、船に乗り長い旅をしている様な気がする。

最近少し平和だった私達も、また彼女からのなんらかの働きかけで左右に揺れている。

働きかけという言葉にはもしかしたら語弊があるかもね。

そして、そのもの自体は私には分からない。

責められているのか、誘われているのか。

でも確かにまた彼女からの連絡があったのは分かる。

うちに無言の電話がココの所また少し増えたから。

しばらく音沙汰なかったのに、また何度か出ると切れる電話がある。

そしてなによりまた夫が苦しそうだから。



私は2年以上苦しんだし。
あなたたちだって、それ位は苦しいと思うよ。
彼女、ここではTさんと呼ぼう。
Tさん、苦しいのは仕方ないでしょう。お互い様だよ。
あなたの苦しみと私の苦しみの深さは比べられるモノではないけど。
あなただけが苦しいわけではないよ、私も想像を絶する程苦しんだもの。
自分ばかりが・・・・そんな事は思わないで欲しい。それではあまりにも切な過ぎるから。
そして夫もまた苦しんでいる。
これはTさんが苦しみから抜けるまで苦しいだろうな。



それぞれ人生の舵取りは下手だと思う。

でも波や風に向かわないとこの海は渡れない。

この人生にヤリガイを見つけて海を渡っていくしかない。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-06-02 08:17 | 2人の事
彼の思い
先月末、彼がついたささいなウソから私はまた少し感情が逆に戻ってしまった。
だから少しだけ言い合う事が続き、また考える。
立ち止って考えて、前を向いたり後ろを見たり。

自分の中での事は精一杯やっている「つもり」だけれど、それでもまだ足りないのかな?

彼に言ってしまった。
「あなたはカタワだ」と。
言葉自体も悲しい言葉。それを自分の家族に投げかける私、最低だ。
そして彼は静かに言った。
「オレは本当にカタワなんだよ・・・・ごめん。」って。

でもどんなに優しくて小さなウソでも、彼女に絡んだり女性が絡むと
どうしてもスルーできない自分がいる。
そんな事にウソをつかせなければいけない程、私は彼を追い詰めていたのだろうか。


彼は何かを手放さないと生きていくのにシンドイという。
別れてから執拗に
「私は全てを失ったのに、アナタは何も失ってない。」
「死んで欲しい」
と再三彼女に攻められてきた夫。
そして、そんな風に彼女を最低な人間に追い込んでしまった事への後悔でいっぱいな夫がいた。
私は実際、彼女には最低な行いもされたし(私の誕生日の日に恨めしい手紙や、夫の裸の写真を送ってきた)、暴言も吐かれ傷は癒えてない。
でも・・・・
彼からしてみれば、自分も一緒に狂っていたのだから、彼女のした事は全て解るという。
毎日苦しそうな夫。

手放すモノ。それは
名誉?お金?仕事?
そして家族?
彼の出した選択肢の中に家族があった。
まして、それが一番良いのかと思っている事。
彼女が一番納得するであろう、家族を手放すという選択。
それを聞いて、瞬間にカタワという言葉が出た。

仕事は他人も複雑に絡み、夫にとってはリスクが高い。
でも家族なら、お金だけは保証するし、別れても仲良くやっていけそうな気がすると思ってるらしい。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-05-11 00:39 |
2人の事
今日、夫にメールをした。

「少し距離をおきましょう」と。

それが良いと思ったから。
根の部分で解り合えてなければ・・・。
いや、違う。
解り合おうという努力が出来なければ・・・それが最善の選択だと。
私が出した結論です。

夫は月曜日に、ある女性とテニスをしていた。
私も少し知っている方。
別にテニスをすることなんて、なんてことない。
でも彼は私に仕事だと言って、テニスに行った。
言い難かったから。
それはホンネだと私も思う。
夫の彼女だった人の相談相手でもある女性と接触する理由は、彼にとっては多分にある事も私だって理解できる。

でも、ウソはイヤだった。
どうしてもイヤだった。
例え、私がウソをつかせてしまう状況を作っていたのだと思っても。
それでもウソだけはイヤだった。
傷に塩を擦り込ませる位、辛いことだった。

夫もいっぱいいっぱいだという。
ここ2ヶ月位は、穏やかで切れる事もなく頑張ってくれていた夫。
しかし仕事に身が入らない事を気にはしていた。
軽い鬱なのかもしれない。
お酒も浴びるほど飲み、体調も悪いとこぼしてもいた。
でも私も砂を噛む位、頑張っていたと思う。
前を向いて、自分の仕事も見つけて。
決して夫を攻めたりはしなかった。一度も攻めたりはしなかった。

お互い頑張っていたと思う。

でもその中で、彼のウソだけは許せない自分がいる。
そこだけは譲れない自分がいる。
小さな事なんだけど。
優しいウソでも今はどうしても受け入れられない自分がいる。
今は、今だけは。

彼からのメールは一言。
「良い悪いではない。違うという事。」

彼の気持ちの全てなんだろう。
離婚は状況として無理でも、夫婦としては少し距離をおいて、卒業してみても良いかな。
冷静にそう思う。
私も恋もしても良いよね。
彼も少し自由になったら良い。
痛みを伴っても仕方ない。
それで見えてくる事もあると思う。

彼の口癖・・・・。
「人生なんてそんなもの。」

彼は人を愛する事が出来ないのかもしれないな。
でももう彼は変わる努力はしたくないと。

新しい仕事も始まったし。
私もとにかく頑張って仕事を覚えて。
子供達は2人で守ってゆくけど・・・・それぞれの道で踏ん張ってみようかな。
本当に本当に今まで頑張ってきたからね。
少しすっきりしてます。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-04-27 01:01 | 2人の事
仕事が始まりました・・・
ようやくなんだなぁ。
始まりました、仕事。
疲れる、本当に疲れる。
身体も気も使い放題でオーバーヒート気味(笑)
でも最初はそんなものだよね。
皆、一緒。
初めてやるんだもん。

でもでも救われるのは、職場の皆さんがとても良い感じだという事。
全ての人に会ったわけではないし、一部の人と関わっているだけだけど。
どの人をとっても金太郎飴の様に、笑顔が爽やかで素敵だ。
笑顔という意味では金太郎飴でも、個性もきちんとあって挨拶も元気よく。
なんだろうな・・・・・社風なんだろうか。
ココで頑張っていきたい、今はそう思う。

でも私生活はちょっとだけ揺れたりするよね。
仕方ない。
夫はすぐに「人生はそんなものだ」という。
そうか、そんなものか。

優しさで言わないでいてくれる事も多いんだろうな。
でも、それじゃぁ前には進めない自分がまだまだいるんだと、ちょっとビックリ。
仕方ない、人生とはそんなもの。
あきらめの言葉に込めたウソは、本当の優しさではないね。
思い過ごしだと良いけど、なんだろう・・・・直感というもの。

まっ、私も明日は出かけよう。
全てをいうのが優しさではないという前提で。
お互いやましい事をしてるわけではないしね。
息抜きだね、うん。

もがいたら、沈むだけ。
知らないふりで丁度よい。
やましくないプライベートは、大切にして良いのかな。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-04-24 12:36 | 思ふこと
ごくたまに
胸がチクッと痛くなる。

なんでだろうね、いや、そういうもんだ(笑)

季節季節に蘇る、ちょっとした出来事。大きな出来事。

仕事は今月末から・・・。

んー出来るかな?という不安からも離れすぎて。

ちょっといけない、ダルダルだぁ。

殴られたあざや、首の痛みはすぐに消えるけど。

季節の変わり目に心の傷がチクチクっと痛んだりするね。

あとは時間かな^-^;

早く痒くなぁれ、早く痒みさえもなくなって、傷もうすくなぁれ♪
[PR]
# by hakka-ame | 2006-04-11 15:03 | 自分の事
うふふ・・・
そういえば何年ぶりなんだろう。

昨日スーツを買いました。
学生みたい・・・・濃いグレーのリクルートスーツ。
クツに少しお金をかけちゃったから。
スーツはサティで、金額抑えて(笑)

なんだか身も気も引き締まる思いがあります。
白のブラウスに袖を通して、タイトスカートから見える足は、ちょっぴり恥ずかしそう。
こんなに気持ちが高揚するって、ちょっと不思議だな。
何年も休んでいた、置き去りにしていた自分の心。
誰の為でもない、自分の時間。

気負いなく行くのがきっと良いんだろうね。
でもね、私は今回思いっきり気負っていきます。
頑張るぞって自分に言い聞かせて、負けないぞと奮い立たせて。

どんな世界が待ってるんだろう。
でも行く先はそう間違ってなさそうだ。
夫も
「あなたはその業界にきっとあってるような気がするよ。
素でいけると思う。
頑張ってね、俺も出来るだけはするから。」
その言葉を胸に・・・・

来週末いざ出動です。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-03-18 14:23 | 自分の事
私が壁になっていたんだね・・・
さっき、出張中のダーリンから電話があった。
去年のこの時期、同じ場所に出張に行っていた彼は、まだまだウソだらけの彼だったなって。
そんな風に思ったら、ちょっとだけ胸がキュってなったりして。

おっ、久しぶりに胸がざわついてるし^-^;
やばいかなぁ~、やばいかも。

でもね、話しているうちに・・・・・。
彼は本当に苦しんでいるんだという事が伝わってきたよ。
毎日毎日苦しんでいる姿を目の当たりにして。
分かった様に錯覚して。
それでも私は本当の事を今日まで気がつかなかったんだ。
いや、気がつかない「ふり」をしていたのかもしれないね。
負けたくないから、彼女には私が苦しんだ分、同じ様に苦しんでほしかったから。
そのことだけに私自身が支配されている事に気がつかないフリをしてたんだね、きっと。

それは突然訪れた感じ。

「あなたが彼女に対して罪悪感があるのなら、それを背負ってるなら
誠心誠意謝ってみたら?」

私はこの言葉が自分の口からすーっと出たことに、実はビックリしたんだよ。
ダーリンにはずっと、気を持たせてしまうから、無視するのが一番だと。
そういい続けてきた私。
それは多分私の中の「不信感」が強かったから。
また会ってしまったら、元のサヤに戻るのではないかと・・・・。そんな計算が多分ね。
潜在的にあったと思う。
それをさも正当化して、気を持たせるといけないなんていう理由をつけて。
なんだか嫌な感じ(笑)

でも彼はそれを黙って携帯の先で聞いていた。

「聞こえる?」

そう聞きなおす程、黙って黙って。

「うん、なんとなく分からないけど分かった。」

ポツリポツリ彼はそういった。

あーそうか。
私がずっと夢から醒めた彼の気持ちを縛ってきていたんだ。壁になっていたんだね。
ふと何かつき物が落ちるように、私の気持ちもスッとした。
そう・・・悪いと思う気持ちをキチント伝えなくちゃいけない。
その後彼女がどんな事をしようとも、きちんと伝えたらきっと、ダーリンは納得がいくはず。
その気持ちが彼女に伝わるかどうかは分からないけど、彼はきっと彼自身の中で
全て終わりに出来るんだね。
何が辛かったかというと、彼は彼の気持ちに正直になれなかったから辛かったんだよ。
なれなかった・・・いや私がさせなかったんだ。ごめん。

あーアタシったら。
なんでこんな簡単な事に今まで気がつかなかったんだろう。


ゴメンネ、大きな壁になってしまって。
でも、伝わることを祈ってるよ。
彼女自身の為にも・・・。
そして彼女にも幸せになってもらいたいよね。
きっと悪い人ではないはず。
だってアナタが私達を捨ててまで守ろうとした人なんだもの。

私は面接がんばるよ。
あっと、少し本気で自分の夢に近づこうとしてます、私^-^
物事が動いてゆくね。
春だもの・・・・一歩一歩。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-03-02 00:43 | 思ふこと
平気?
よくメールとか電話で話すのは・・・

 「平気?」 「無事?」

毎日あってるし、とりあえず生きてる姿はこの目でちゃんと確認してるんだけど。
夜になると、決まってメールを出したくなる。
寝てる場所が違うから、毎日じゃないけど違うから。
たまにダーリンからも・・・生きてる?なんて。

今晩は電話だった。
メールしたら
 「とりあえず生きてる、そんで飲んでる」
そんな返信がきて・・・
ちょっと電話してみたくなったんだよなぁ。

 「ダイジョブ?」
 「うん、ダイジョブ・・・でも落ちてる」
 「なんだかさ、空しいね」
 「うん、そうだね。すごく空しい」

多分また彼女から攻撃を受けたんだろうなぁ。
明日書類を送るから・・・かな?
もう送ったから・・・かな?
それとも、サイテーって画面いっぱいに書いてきたかな?

悲しいんじゃなくて、苦しいんじゃなくて・・・

空しい

ダーリンは本当に空しいだろうと思う。だってアタシが空しいんだもん。

 「平気?」メールはいつまで続くのかなぁ?
あぁぁぁあ。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-02-23 23:48 |
最近・・・・
ずっと気になっていたんだけど。
でも書けないなぁ、書きたくない?書けないの?

今年に入って、彼女の攻撃が酷くなってきました。
慰謝料をくれ、私は何もかも失くしたのにアナタは何も失ってない。
文書と写真ををぶちまける、子供は○○中学校よね・・・・。

現に1月の誕生日の日を目掛けて、写真と手紙が送られて着ました。
宛名は夫でしたが、夫がココに住んでいないのは承知の上で、しかも私の誕生日に。
「子供を作ろうと言ったのはあなただった。」
「旅行・・・沢山行ったね。すごく幸せだった。」
「一緒にお風呂に入って、マッサージしあったね。」
写真の中にはココには書けない程のヒドイ写真もあったし。

ふーっ。


普通じゃない!!!!!
写真を撮らせた最中の夫も、今の彼女も。


でも元気です^-^
そりゃ、色々あるけど・・・・やれるものならやってみろ。
特に先週、娘の中学にまで写真と文書を送ると言ってきた彼女を
私は悲しい人だとしか思えない。

自分自身を見失い、自分の欲求だけをはろうとする愚かさ。
私だってすごく沢山の事を失ったよ、彼を心から信じる気持ち・・・この大きなモノを
失ったんだもん。
何も失ってないだなんて、あなたの思い違いです。
愛が深ければそんな行動は出来ないと思う。確かに悪いのは夫だ。
でもさ、騙してないし、憎まれても恨まれる筋合いはないと思う。
アナタはアナタが一番可愛いだけ。その想いが愛しいだけ。
そんなのはホンモノぢゃないことに早く気がついてほしい。


ここまでして、大切だった想い出まで汚してゆこうとするんだね。
それで気が済むならやったら良いよ。
誰もあなたを止められないでしょう。それはあなた自身に聞く耳がないから。



夫はどう思っているか・・・ただただ自分が悪いだけだと言う。
今はもうそんなのどうでも良いんだ、私。
兎に角乗り切っていかなくちゃ。
彼女が命を落とす事がない限りはなんとでもなるしね。

あ~アタシの人生ってば。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-02-23 00:36 | 2人の事
2人のこと
私と彼の2人の事。

なかなか進んでなかった。

表面上はキレーで澱みなく、リボンをかけたら売り物に出来そうな既製品。

不安だらけで、笑顔とダンマリの繰り返し。

見ないように、見ないように。

自分だけを見ていこう、ただそれだけのために笑顔を作る。

なんら変わらない毎日で。

時という薬だけを期待して。

そんな時、石が投げられた。

すくったらキレーな水なのに・・・・投げられた石は確実に水を濁してゆく。



グチャグチャにかき混ぜたのは彼の方だった。

彼女の投げ込んだ石を拾い、外に投げ捨てたのは彼だった。

冷たい水はきっと、彼の手を氷の様にし

濁った水はきっと、彼の手を真っ黒にしたはずだ。

でも、本当に今度こそ。

私は彼と一緒に歩んで行ける・・・・そんな気持ちに向かっている。

温かさも、きれいな水も、きっと一緒に探していける。

どんなに大きな石が投げ込まれても、その石をすくってくれる、冷たく真っ黒な

大きな手があるから。一緒に救い出す私の手があるから。

私も本当の意味での前を向いて。

気負わずに、自分の人生をみて、彼の人生を受け入れて。

2年を要したこの出来事を 消すという事はもう出来ない。

でも、ゆっくり待ってくれる彼とともに、忘れるというゴールには向かっていける。


初めの一歩。
[PR]
# by hakka-ame | 2006-01-15 14:27 | 2人の事
   

一歩踏み出すために・・・
by hakka-ame
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> 最新のトラックバック
スレンダーシェイパーのク..
from 簡単ダイエット~無理せず効果..
ナイキジャージの思い出
from ナイキジャージ最新情報
ドラゴンボールz
from アルセウス入手方法
levaquin 500mg
from levaquin 500mg
motorola v18..
from motorola v180 ..
free rington..
from free ringtone ..
asian nurse ..
from asian nurse se..
hairy mature
from hairy mature
mature dildo
from mature dildo
thick ebony
from thick ebony
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧