> カテゴリ
はじめまして

自分の事
子供達
Mさん
思ふこと
日常
2人の事
カテゴリ:思ふこと( 60 )
考える
あの人は知っているのだろうか。
私がいつも一人ぽっちでいることを。
人に囲まれ、ちやほやされて、天狗になっているあの人に、私の気持ちが分かるのだろうか。

彼は確かにオリンピックにも世界選手権にもいっている。
今は大学で学生の事を育てながら、対外的に講演活動をしたり、サークルのリーダーになったりと
忙しくしてる。
その間で彼女と夫婦のような時間も送っているんだろうね。

家族がいること。
今の地位は、家族とともに築きあげてきたこと。
それはもう彼の頭や心の中にはないのだろうか。



そんな事をふと考えることもある。
夫婦でいる以上、やはりどこかで期待もするし、不倫をしていることを容認することは出来ない。
世間にばれたら彼は表舞台で生きていくことはまず無理だろう。
怖くないの?
そのまま続けていくつもりなの?





でも、最近少しだけ、私も諦めの気持ちが出てきたかもしれない。
背に腹は代えられないから、お金さえ用意してくれて、私や子供たちの目の前から
いなくなってくれれば、今の生活に何ら支障がないことは、私が一番分かっている。
長年、家長として、夫や父としての機能なんぞ、全然果たしてない彼に、今更何を望んでも
望まなくても、日常は流れていくんだ。


競技が思うようにいかないときは、私しかそばにいなかった。
2人で泣いて、もうやめようと何度も話したこともあった。
本当に私しかいなかった彼だから。
今も本当の同性の友達は彼にはいないと思う。



くだらない不倫に振り回されて、私の人生このままで良いの?
一歩踏み出す覚悟さえあれば。
もう少し、もう少し。
[PR]
by hakka-ame | 2008-10-05 16:09 | 思ふこと
心が見えない
今日、夫と一緒にテニススクールに行ってきました。
彼は夏は忙しく、2人でスクールに行くのはなかなかできないんだけど。
たまたま休みがあって、では同じ時間のクラスにって。

お昼は一緒に食べて、夫だけラケットを取りに仕事場(彼は普段ここに寝泊まりしてます)に帰りました。
午後一のレッスンは互いの家から向かい、現地で会う事に。
その時に、飲みモノを私が用意していく旨を彼には伝えたはずでした。
3度目の洗濯を干すのを忘れてた私は、出かけにギリギリの時間を使って水筒を2つ用意し現地に向かったのです。

すると彼、ペットボトルを2本用意してきてました。
いつもそう。
彼は私が用意してきた飲み物を、なぜか遠慮するというか、あまり飲みません。
スクールの中にある自動販売機で買ったり、他で買って持ってきたり。
「良いよ、氷入ってるし一緒に飲まない?」と言ってもほとんど手も出さず。
普通という言葉が大嫌いな彼に、普通は夫婦だから、同じものを飲むよね・・・と言っても通用などするはずもなく。
「あぁまたか。水筒用意してくって伝えたはずなのに」と心で溜息。
彼には何も伝えずに、準備運動に入る私。

すると彼。
準備運動を殆どしません。
ペットボトルを飲んだり、靴の紐を直したり。
確かに彼は超一流のスポーツ選手で、テニスのコーチがしてる準備運動など必要ないかもしれません。
でも、大人だし。
いいや、それ以前の問題として。
私はそういう態度で準備運動をしない人間があまり好きではないようです。
特に、コーチよりはアスリート(別ジャンルでも)として上の人間が、テニスの世界では教えて頂く立場にいながらコーチと同じ体操をしない姿がそこにある事が・・・
すごく気になる。
そしてイヤな気持ちがふつふつと沸く。
そう、たかだか2つとも些細な事で、別に気にする方がおかしいと言われればそうかもしれません。

でも・・・ 

例えば私の運転する助手席には乗りたがらなかったり。(以前はよく乗ってました)
彼女と何度も旅行に行った時にも、後ろのシートに乗ってたのだろうか・・・。
んなわけないか(笑)
毎晩のお酒の量が尋常じゃなくて、飲めない私からすると信じられないくらいの量を飲んでたり。
一緒にご飯を食べることなんて、1年のうちにもうゼロに近かったり。
会話を楽しんだり、一緒に笑いながら何かを作り上げていったり。
ドラマやドキュメンタリーを見て感想を言い合ったり。
ゴミを出したり、買い物をしたり。
そういう日常の些細な事が全て自分とずれていることに気がつくことが多い最近。


私はもしかしたら、もう彼を尊敬もしてないし、本当に心底彼を軽蔑してきてるのだろうか・・・と。
ふと思ってしまいました。
仲良くやってるし、普通に生活もしてる、つもり。

でも自分の心が見えない事に気がつく瞬間がここのところよくある。
子供のこととか、世間体とか。
ただただそういう事にとらわれてるだけなんじゃないかと。
夫としてはもちろんのこと、人間としてあまりにもひどかった生活、態度。
そして未だ別れてない女との関係。


殴られて、けなされて、こてんぱにやっつけられて。
私の後遺症は「この人も同じよね」という悲しいかな信じることを拒否するという気持ちを育ててしまった事です。
恋愛なんて絶対に出来ない。
そんな良い人なんて絶対にいない。
この人も、あの人も、どうせ簡単に裏切るんだと、人をそういうフィルターを通してしかみられない自分がいます。



彼との違いは彼が悪いのではないのかもしれない。
でも。

違い過ぎる人との時間を重ね合わせるのは、お互いの思いやりがなくなったら、もう地獄に等しいかもしれないなぁ。


自分の心がみえない。
[PR]
by hakka-ame | 2007-08-21 20:13 | 思ふこと
声がきこえる
ずーっと放置してました。
開いてもなくて、正直パスワードまで忘れてて、ミクシィ始めてからそっちばかり。
でもミクシィでは明るく元気な私でいて、リアルの友達もたくさん交流してて。
実生活とのズレは、自分の胸で処理するしかなくて。

だから泣くのはいつも一人。
死にたくて刃モノを手にしたことだって何度もある。

何も変わらず彼は彼女とまだ繋がったまま。
それでも普通に家族ごっこをして、たまに落ちてもまたあがって、どこか心を置き去りにした生活。

その中で、何か月ぶりという感覚でここを開きました。
どうしてだろう。
なんでなんだろう。

でもそれが少しわかりました。
ここで知り合った、本当に大好きな人が苦しんでたから。
そしてここにコメントを残してくれてたから。

実は彼女からのコメントを読んだのは、彼女のブログに私がコメントを残した数時間後。
そうか、彼女の声が私をここに呼びよせてくれたんだね。
点と線がつながった瞬間、私はここに何かを残したくなった。
なんという偶然という必然。

ねぇ、私はいるからね。
何の力にもなれないけど、ちゃんとここにいるから。
それだけが伝えたい。
近くにいたら、抱きしめてあげたい。

ただそれだけです。
[PR]
by hakka-ame | 2007-08-14 23:18 | 思ふこと
仕事が始まりました・・・
ようやくなんだなぁ。
始まりました、仕事。
疲れる、本当に疲れる。
身体も気も使い放題でオーバーヒート気味(笑)
でも最初はそんなものだよね。
皆、一緒。
初めてやるんだもん。

でもでも救われるのは、職場の皆さんがとても良い感じだという事。
全ての人に会ったわけではないし、一部の人と関わっているだけだけど。
どの人をとっても金太郎飴の様に、笑顔が爽やかで素敵だ。
笑顔という意味では金太郎飴でも、個性もきちんとあって挨拶も元気よく。
なんだろうな・・・・・社風なんだろうか。
ココで頑張っていきたい、今はそう思う。

でも私生活はちょっとだけ揺れたりするよね。
仕方ない。
夫はすぐに「人生はそんなものだ」という。
そうか、そんなものか。

優しさで言わないでいてくれる事も多いんだろうな。
でも、それじゃぁ前には進めない自分がまだまだいるんだと、ちょっとビックリ。
仕方ない、人生とはそんなもの。
あきらめの言葉に込めたウソは、本当の優しさではないね。
思い過ごしだと良いけど、なんだろう・・・・直感というもの。

まっ、私も明日は出かけよう。
全てをいうのが優しさではないという前提で。
お互いやましい事をしてるわけではないしね。
息抜きだね、うん。

もがいたら、沈むだけ。
知らないふりで丁度よい。
やましくないプライベートは、大切にして良いのかな。
[PR]
by hakka-ame | 2006-04-24 12:36 | 思ふこと
私が壁になっていたんだね・・・
さっき、出張中のダーリンから電話があった。
去年のこの時期、同じ場所に出張に行っていた彼は、まだまだウソだらけの彼だったなって。
そんな風に思ったら、ちょっとだけ胸がキュってなったりして。

おっ、久しぶりに胸がざわついてるし^-^;
やばいかなぁ~、やばいかも。

でもね、話しているうちに・・・・・。
彼は本当に苦しんでいるんだという事が伝わってきたよ。
毎日毎日苦しんでいる姿を目の当たりにして。
分かった様に錯覚して。
それでも私は本当の事を今日まで気がつかなかったんだ。
いや、気がつかない「ふり」をしていたのかもしれないね。
負けたくないから、彼女には私が苦しんだ分、同じ様に苦しんでほしかったから。
そのことだけに私自身が支配されている事に気がつかないフリをしてたんだね、きっと。

それは突然訪れた感じ。

「あなたが彼女に対して罪悪感があるのなら、それを背負ってるなら
誠心誠意謝ってみたら?」

私はこの言葉が自分の口からすーっと出たことに、実はビックリしたんだよ。
ダーリンにはずっと、気を持たせてしまうから、無視するのが一番だと。
そういい続けてきた私。
それは多分私の中の「不信感」が強かったから。
また会ってしまったら、元のサヤに戻るのではないかと・・・・。そんな計算が多分ね。
潜在的にあったと思う。
それをさも正当化して、気を持たせるといけないなんていう理由をつけて。
なんだか嫌な感じ(笑)

でも彼はそれを黙って携帯の先で聞いていた。

「聞こえる?」

そう聞きなおす程、黙って黙って。

「うん、なんとなく分からないけど分かった。」

ポツリポツリ彼はそういった。

あーそうか。
私がずっと夢から醒めた彼の気持ちを縛ってきていたんだ。壁になっていたんだね。
ふと何かつき物が落ちるように、私の気持ちもスッとした。
そう・・・悪いと思う気持ちをキチント伝えなくちゃいけない。
その後彼女がどんな事をしようとも、きちんと伝えたらきっと、ダーリンは納得がいくはず。
その気持ちが彼女に伝わるかどうかは分からないけど、彼はきっと彼自身の中で
全て終わりに出来るんだね。
何が辛かったかというと、彼は彼の気持ちに正直になれなかったから辛かったんだよ。
なれなかった・・・いや私がさせなかったんだ。ごめん。

あーアタシったら。
なんでこんな簡単な事に今まで気がつかなかったんだろう。


ゴメンネ、大きな壁になってしまって。
でも、伝わることを祈ってるよ。
彼女自身の為にも・・・。
そして彼女にも幸せになってもらいたいよね。
きっと悪い人ではないはず。
だってアナタが私達を捨ててまで守ろうとした人なんだもの。

私は面接がんばるよ。
あっと、少し本気で自分の夢に近づこうとしてます、私^-^
物事が動いてゆくね。
春だもの・・・・一歩一歩。
[PR]
by hakka-ame | 2006-03-02 00:43 | 思ふこと
ここだけのはなし
こうやって始まる話は、たいていが第三者を語る事か、自分の秘密を打ち明ける時かも。

今日2つ「ここだけのはなし」を聞いた。
私は昔からそんな話を真に受けるタイプなので、右往左往してばかりだったなぁ。

でも最近私は賢くなったんだと思う。

聞きながら・・・・(というよりも、笑顔で聞くふりをしながら笑)
この人は結局何を言いたいのだろうと。
「Aさんはこう言っていたけど、自分はそう思ってないから」(信じてるふり?)
「こんなウワサがたってるみたいだよ」(親切な忠告ですか?)

自分の手柄が欲しいのかもしれない。
尊敬してもらいたいのかもしれない。

でも・・・・。

ここだけの話をしてくださった人は悪い人ではないけれど
Aさんだって言い分はあるだろう。どちらを信じたら良いのかな?
ウワサがたってるのは本当かもしれないけれど、じゃそれをどうしろというの?

私の疑問符は増えるばかり。

もう、流そう。こんな「ここだけの話し」ごときに振り回されるのはまっぴらゴメンだっ!
きっと、流している回数が増えると、ここだけのはなしを私にしたがる人は
いなくなるかもしれない。
そうなったら儲けモノ。
真実だけがあれば良い。
そして、それは必ずや、自分に良い意味でも悪い意味でも戻ってくるから。

「ここだけのはなし」
この言葉を私の中だけでは封印してしまおうと思った出来事でした。
皆様もご注意を(笑)
[PR]
by hakka-ame | 2005-12-05 01:49 | 思ふこと
満足
人は欲張りだなぁって思う。
てかさ、今とっても満足です!って自信をもっていえる人なんているんだろうか。

キムタクだって、多分不満足。
小泉首相もおそらく不満足。
金正日さえも、絶対に不満足(笑)

だから、前進するんだし前を向こうと頑張るんだよね。
そして、そんな不満足の毎日から「ちょっとだけの満足」にエラク満足出来るのが
幸せへの近道なのかもしれない。

不満足が普通^^;

明日も小さな小さな「チョビット満足」を見失わないように、心を研ぎ澄まして生きてみよう。
きっと心を開いておけば、チョビット満足なんかゴロゴロと転がっているに違いない。
それは例えばお隣さんとの挨拶だったり、単行本の2行だったり、
特価品で買ったみかんが妙に美味しかったり。
いや~ん、私にも感じる事が出来るじゃないって事ばかり。

大きな満足は足早に通り過ぎるけど、チョビット満足は永遠に続きそうだ・・・^-^
[PR]
by hakka-ame | 2005-12-04 02:00 | 思ふこと
責任と覚悟
「わたし」はいらない

ここでこんな風に書いて良いのか分からないけれど。

彼女はご主人の不倫によって、ご自分の健康な身体を失いました。
心だけではなく、身体までも奪った不倫という行為。
ここまでたどり着くまでには、きっと夫婦間の問題や、諸々な事があったのかもしれない。
彼女自身にも問題があったのかもしれない。
でも、この事実を少しでも記す事で、誰かの心に響けば良いなと思ってトラバしました。

正しいとか正しくないとか・・・・そんな次元ではなく、真実として。
[PR]
by hakka-ame | 2005-11-29 10:48 | 思ふこと
栄光の陰
夫はずっと自分の夢の為に生きてきた。
結婚してしばらくした頃、そんな夫の夢に向かって、自分自身を犠牲にして良いのかと
私自身が疑問に思う時期があって。
2人共通の友達であり、夫と同じチームの同級生の子に相談した事があった。
彼は言った・・・・

「○○(私の名前)はさ、同じ夢を一緒に見てゆけば良いんだよ。
それが夫婦ってモノだから・・・・。」

確か25歳とかそんな年齢だったと思う。
夫も友達も、そして私も、まだまだ若く一緒に大きな夢を語っていた時代。
青臭い汗と涙に酔って、純粋な目をして遊んでいた頃。

あれから15年近く経った今。
夫は夢を実現し、富と栄誉を掴んだ。勿論それは夫の努力と、少しの運とで出したもの。
若いながらも周りからは敬われ、先生、先生と呼ばれ。
しかし、今思うのは・・・・
栄光の裏側には、必ず陰があるという事。
奇麗事だけでは済まされない、心の闇。
人を押しのけ上に上がってゆくという事は、嫉妬を生み反感もかうのだ。

よく芸能人が自殺をしたり、人生を踏み外し、結局落ちてゆくサマを
私はずっと不思議でならなかった。
しかし今は少しだけその気持ちや状況が分かるような気がする。
自分を見失う・・・・・まさしくそれ。

夫には多分、敵と思える人が沢山いるのだと思う。
いやそれは自分で作っているのもあるのかもしれない。
しかし、明らかに妬みからくる、人のイヤらしい心の闇。
出る杭は打たれるという、それ。

夕べ、どれくらい飲んできたのだろう・・・・・。
毎日毎日、飲まないと眠れなくなっている夫は、夕べ昔の同級生と会った。
よくぞ家まで帰ってこれたもんだと思うほど、酒にのまれながら。
うわ言で
「もういい、もういいんだ」
とつぶやいていた。
何度も何度も
「もういい」
という夫をしばらく眺めていた私は、ものすごく彼が愛しくて、涙が少し出た。

私は何をしているのだろう。
一番の味方になってあげなければいけないのに、ともすれば私まで敵に回ろうとしている現実。
今日も夜遅くメールが届いた。(私たちは寝る家が違うので・・・・)
「今日も自己嫌悪の一日だった。」
「私も毎日そんなんだよ。」
「すごく自分がいやだなと思う瞬間があった。」
こんなやり取り。

健やかなる時も病める時も。
この言葉が私をめぐる。
[PR]
by hakka-ame | 2005-11-03 02:55 | 思ふこと
大きな私と小さな彼女
私は確かに大きかった。
身体は小さいけれど、絶対的に私の方が大きかった。


小さな彼女を見て、動揺している彼女を見て。
目が離せないでいる。


私の方がしあわせ?彼女はどう?
比べるものではないけれど、比べることで安心を得ようとする心。

許せない。ずっとずっと忘れない。
それなのに・・・・彼女の痛みがほんの少しだけ分かった様な気がする。
錯覚だと良い、でも本当だと良い。

魔法が使えたら、きっと私は私の記憶を消すんだろうな。
この言葉に出来ない部分だけ切り取って、手のひらに乗せて魔法をかける。
ほら、もうなくなった。
そんな魔法をかけてみたい。
[PR]
by hakka-ame | 2005-10-24 01:05 | 思ふこと
   

一歩踏み出すために・・・
by hakka-ame
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 最新のトラックバック
スレンダーシェイパーのク..
from 簡単ダイエット~無理せず効果..
ナイキジャージの思い出
from ナイキジャージ最新情報
ドラゴンボールz
from アルセウス入手方法
levaquin 500mg
from levaquin 500mg
motorola v18..
from motorola v180 ..
free rington..
from free ringtone ..
asian nurse ..
from asian nurse se..
hairy mature
from hairy mature
mature dildo
from mature dildo
thick ebony
from thick ebony
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧