> カテゴリ
はじめまして

自分の事
子供達
Mさん
思ふこと
日常
2人の事
> 栄光の陰
夫はずっと自分の夢の為に生きてきた。
結婚してしばらくした頃、そんな夫の夢に向かって、自分自身を犠牲にして良いのかと
私自身が疑問に思う時期があって。
2人共通の友達であり、夫と同じチームの同級生の子に相談した事があった。
彼は言った・・・・

「○○(私の名前)はさ、同じ夢を一緒に見てゆけば良いんだよ。
それが夫婦ってモノだから・・・・。」

確か25歳とかそんな年齢だったと思う。
夫も友達も、そして私も、まだまだ若く一緒に大きな夢を語っていた時代。
青臭い汗と涙に酔って、純粋な目をして遊んでいた頃。

あれから15年近く経った今。
夫は夢を実現し、富と栄誉を掴んだ。勿論それは夫の努力と、少しの運とで出したもの。
若いながらも周りからは敬われ、先生、先生と呼ばれ。
しかし、今思うのは・・・・
栄光の裏側には、必ず陰があるという事。
奇麗事だけでは済まされない、心の闇。
人を押しのけ上に上がってゆくという事は、嫉妬を生み反感もかうのだ。

よく芸能人が自殺をしたり、人生を踏み外し、結局落ちてゆくサマを
私はずっと不思議でならなかった。
しかし今は少しだけその気持ちや状況が分かるような気がする。
自分を見失う・・・・・まさしくそれ。

夫には多分、敵と思える人が沢山いるのだと思う。
いやそれは自分で作っているのもあるのかもしれない。
しかし、明らかに妬みからくる、人のイヤらしい心の闇。
出る杭は打たれるという、それ。

夕べ、どれくらい飲んできたのだろう・・・・・。
毎日毎日、飲まないと眠れなくなっている夫は、夕べ昔の同級生と会った。
よくぞ家まで帰ってこれたもんだと思うほど、酒にのまれながら。
うわ言で
「もういい、もういいんだ」
とつぶやいていた。
何度も何度も
「もういい」
という夫をしばらく眺めていた私は、ものすごく彼が愛しくて、涙が少し出た。

私は何をしているのだろう。
一番の味方になってあげなければいけないのに、ともすれば私まで敵に回ろうとしている現実。
今日も夜遅くメールが届いた。(私たちは寝る家が違うので・・・・)
「今日も自己嫌悪の一日だった。」
「私も毎日そんなんだよ。」
「すごく自分がいやだなと思う瞬間があった。」
こんなやり取り。

健やかなる時も病める時も。
この言葉が私をめぐる。
[PR]
by hakka-ame | 2005-11-03 02:55 | 思ふこと

一歩踏み出すために・・・
by hakka-ame
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
> 最新のトラックバック
スレンダーシェイパーのク..
from 簡単ダイエット~無理せず効果..
ナイキジャージの思い出
from ナイキジャージ最新情報
ドラゴンボールz
from アルセウス入手方法
levaquin 500mg
from levaquin 500mg
motorola v18..
from motorola v180 ..
free rington..
from free ringtone ..
asian nurse ..
from asian nurse se..
hairy mature
from hairy mature
mature dildo
from mature dildo
thick ebony
from thick ebony
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧